乾酪の産地はどこですか?

「千代ちやん、もつとこつちへ寄つてよ。ーー可笑しな人ね。 で ることを知らないのかしら。」 「それぢやおれが てやる。千代ちやんにここと替わつてもらはう。」 彼は電燈を消した。その彼の腕を、千代子が彼女の 引つぱり込んだ。 「春景色」より部分 川端康成選集・第二巻(改造社 昭和十三年発行) 前回のエントリで…