「オカダのはなし / 岡田准一」 何故私は岡田准一を担当にしたのか

その瞬間はあまりに綺麗だった。行儀よく全て下を向いていた長い漆黒の睫毛はゆっくりと起き上がり天井の方を向く。その睫毛の生え際の上には内側からくっきりと型どられた二重瞼。零れ落ちそうな大きな瞳の奥にはしんと静まり返った深い夜がある。ゆっくりと目を開き遠くの方を見つめる表情は少しの無駄もない美しさだっ…