【本】本数珠つなぎ2冊目 『黒いトランク』鮎川哲也著

本数珠つなぎ2冊目。本格推理小説の古典、クロフツの『樽』をモチーフにしたといわれる鮎川哲也の『黒いトランク』。光文社文庫版です。 『樽』はイギリスの港に着いた樽から死体が出て事件が始まり、『黒いトランク』は汐留駅に着いたトランクから死体が出てくるところから物語が始まります。舞台がロンドンとパリ、福岡…