生きる姿勢

ある意味、恩寵 をもたらしてくれた、わたしにとっての『暴君』のおはなしです。 ※ カルロス・カスタネダ『ドン・ファン』シリーズ参照