岩崎恭子と同期の36歳・稲田法子。日本選手権・背泳50m優勝に思うこと。(松原孝臣)

いつになっても、アスリートは光を失わない。あらためて、そう感じさせられた。少し時間が経ったが、4月7日から12日まで行なわれた競泳の日本選手権を観戦したときのことだ。