『抗疲労効果』に関するプレスリリース

水素水(水素濃度0.8~1.2ppm)の飲用を継続(1日600ml×4週間)することで、日常生活疲労に対して抗疲労効果(メンタルヘルスの改善、睡眠の質の改善、作業課題に対しての意欲向上、交感神経活動の抑制など)があることが立証されたプレスリリース。