いぶし銀のコンチェルト。バッハ『ブランデンブルク協奏曲 第6番』

ヴィオラ・ダ・ガンバ いよいよ、ブランデンブルク・コンチェルト最後の曲、第6番です。最後の曲ながら、作曲された時期は一番古いといわれています。使われる楽器も古色あふれていまして、ヴィオラ・ダ・ブラッチョ2、ヴィオラ・ダ・ガンバ2、チェロ1と通奏低音。これだけの少人数ですので、独奏と合奏の区別もありません…