ボヘミアの都に響いた、手に汗にぎるシンフォニー。モーツァルト『交響曲 第38番〝プラハ〟』

〝百塔の都〟チェコ・プラハ 〝メヌエットなし〟の謎 オペラ『フィガロの結婚』の大ヒットにより、プラハから招待を受けたモーツァルトは、新作のシンフォニーを携えていき、到着早々、1月19日のコンサートで初演しました。 それが、この〝プラハのシンフォニー 二長調〟です。 この曲はプラハから招待を受ける前から作曲…