10、『四十九日』 怒りを掃除にぶつける : きみといっしょに。〜死別。旦那が突然死にました〜

↑最後に公の場で死に向き合ったのは火葬の時。久しぶりの法要行事です。私は天邪鬼です。ものごとを素直に受け取れないというかみんながやってるから良い。と思えないというか自分で納得しないと進めないんですよね。まーくんが死んだ時の流れもあれよあれよと通夜と葬儀に