マイコプラズマ肺炎 過去10年で2番目|日テレNEWS24

国立感染症研究所によると、今月9日までの1週間に報告されたマイコプラズマ肺炎の患者数は1医療機関あたり1.33人で、過去10年で最も多かった2011年に次ぐ多さだった。重症化することもあるため、厚労省は手洗いやうがいなどの予防を呼びかけ。