「電子化」する文芸誌

文芸誌にも「電子化」の波が押し寄せてきた。文芸春秋は隔月刊の「別冊文芸春秋」を電子版に移行することを決め、KADOKAWAは電子版文芸誌を創刊した。マンガやライトノベルでは電子雑誌が広がっているが、文芸誌でも紙媒体では読めないものが登場し始めている。別冊文春は紙媒体は2月発売分までとし、5月発売分から電子版…