陸上大会で心肺停止…その場にいた6人で救命リレー 助かったと知り涙ぐむ | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

 昨年9月の沖縄県南風原(はえばる)町陸上競技大会に参加し心肺停止状態になった男性を、現場にいた高校教員や看護師、同町職員ら6人が、約5分の間に次々とリレーで救命措置を施し、命をつないだ。男性は意識を回復しリハビリ中だ。東部消防組合(神里昌二消防長)がこのほど、町内の同本部で6人を表彰した。