続・僕と彼女とX100F

それは遅くやってきた夏休みの思い出。