今村昌弘さん『屍人荘の殺人』 | 小説丸

──『屍人荘の殺人』は、新人賞受賞作としては珍しいほどの反響を呼びました。おもしろかったのが、本文の九十三ページで明らかになる「仕掛け」について、誰もが気を遣って、ネタばらしをしないようにSNSなどで感想を書いていたことです。みんな、驚きを多くの人に共有してもらいたかったんでしょうね。 今村……はい、…