総務省|「これからの移住・交流施策のあり方に関する検討会中間とりまとめ」の公表

  総務省では、これまでの移住・交流施策の成果と課題を検証し、今後のあり方を検討することを目的として「これからの移住・交流施策のあり方に関する検討会」(座長:小田切徳美 明治大学農学部食料環境政策学科教授)を開催してきました。この度、同研究会において中間とりまとめを策定しましたので公表します。