野菜の規格は頑な?野菜の破棄がなくならない理由! | ぱずーの農業日記

現在、日本において食品廃棄物は約2000トンちょっとあり、その中で、約6割を占めるのが家庭からの生ごみと言われています。 そして、残り約4割が加工場や、流通で捨てられる残渣、レストランなどで捨てられる食べ残しと言われています。 日本は世界でも類を見ないほど、食品廃棄物が多い国なのです。