PDF: 構造化と性能の間をGolangで攻める技術(+WebWorker活用技術) - 74th - BOOTH

A5/119ページ こちらはPDFのみとなります。 Golangを選ぶからには信頼できる性能がほしい。 Golangで、性能を取りつつ構造化を図るとどの程度のコストがかかるのかを、実測して見極めて考える本。 Goルーチンを使い捨てにするとか、chanを戻り値にするとか、sync.Mutexを使うとか、Contextをリソース解放に使うとか、それ…