ちゅーばちばちこ『金属バットの女』感想あるいは一つの空虚

先日信頼できる男として知られる景浦氏からちゅーばちばちこ『金属バットの女』を託されまして、ばっと読んだんですけども、ネット上の感想をざらっとあさった限りではどうもイマイチぴんとくる感想がなくて、この作品がこうも語られていないというのはこの作品にも信頼できる男にも失礼であろうという気持ちから、このほ…