『みんな誰もが神様だった -瀬織津比売と邇芸速日命-』

・・・タイトルを視たときに「あ」、と。何冊か視えない世界に関する本を読んできて辿り着いた一説の(一節の)ようだったから。並木さん式にいえば、「腑に落ちる」感覚…