『とかしてゆく ぬくもり あめのあい』

  その ひとしずくは いつしか からだのすみずみまでゆきわたり こころをも やはらかく あたたかく つつむ   まるで はじめて みずを いだいたかのごとく…