ジャスティン・ビーバーを襲った「ライム病」の意外な原因と対策

 歌手のジャスティン・ビーバーが1月8日、インスタグラムを更新。「ライム病」と診断されていたことを告白した。 ジャスティンは自らのインスタグラムで、薬物をやっているなどと多くの人は自分を批判してきたが、ライム病であることはわからなかったのだ