継続的な対人関係に不可欠な「自他境界」 自分と他者は別のものと理解する

だれもが悩む人間関係。それは、学校・会社・家庭など、常に私たちに関係のあることであり、逃れることはできません。「自他境界」を理解することは、人生を満足して生きるためにとても大切なことです。