麻耶 雄嵩「貴族探偵」を読んだ

ミステリの「物語」とはジグソーパズルのようなもの。 一枚の画をわざわざバラバラにし、別の画にして読者に提示する。物語の探偵とは、その元の画に戻すための「理由」の記号。 物語に謎があればそれを整理し、論理的思考の結果結論を導き出すのが探偵と言う「理由」であって、その「理由」に論理的思考や超絶的観察能力…