”奇蹟”を望む否探偵小説 井上真偽「その可能性はすでに考えた」

アンチミステリ(否推理小説)と呼ばれる作品がある。 ミステリでありながらミステリのフォーマットをあえて否定したり破壊したり逆らったりして見せるような作品を指す。 この作品を評すならアンチミステリというより 「アンチ・デテクティヴ・ミステリー(否探偵小説)」 が正しいと思う。