弱い紐帯の強さとは? | BizHint HR(人事の悩みにヒントを届けるニュースサイト)

弱い紐帯の強さとは、アメリカの社会学者であるマーク・グラノヴェッターが1973年に提唱した社会的ネットワーク理論です。新規で有用な情報は、家族や親しい友人といった強いつながり(強い紐帯)よりも、ちょっとした知り合いといった弱いつながり、つまり弱い紐帯からもたらされる場合が多いというものです。