モニターをアームで目線の線の高さしても、肩凝りが起こってしまう盲点について。

よく言われるパソコンの肩凝り・首の疲れ対策として、パソコンモニターを目線の下にもっていき過ぎない。というものがあります。 参考: パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 - Fujitsu Japan これはノートパソコンなどを机の上に置いて作業すると、長時間下を向いたままの姿勢になるので首の負担があるため、…