美の巨人たち ピエール・ボナール「黄昏(クロッケーの試合)」

// 『黄昏』はピエール・ボナールが25歳の時に描いた油彩画。夕暮れ時クロッケーの試合を楽しむボナールの家族…ところが家族に立体感や陰影がなく楽しそうではありません。一方光の下では女性たちは楽しげに踊っていて別世界のよう。そこにはボナールの奥底に潜む苦悩が描かれていたのです!浮世絵に強く影響を受け誕生し…