アラフォーになってよかったなと思った日のマキ。

昨日から今日にかけて、大興奮して読書。Kindle Unlimited で昔読んだ本を再読しようと思って選んだのが、サマセット・モームの「月と六ペンス」だったんだけど、これが最高に面白かった。 物語の語り手である「私」から語られる「チャールズ・ストリックランド」の生涯は、ある日を境に「絵画」へと捧げられることとなり…