【令和哲学34】韓国の『反日種族主義』を通してみたこの時代の課題②<世界共産化戦略の基礎-日韓分離政策>

今回は、令和哲学シリーズ33に引き続き、 元ソウル大学の李栄薫教授の著書『反日種族主義』のブームをきっかけに明確化された時代の課題、東アジアの課題が生まれる水面下ではどのような動きが起きているか? また、それらの課題に対峙する日本が何をみるべきなのか? これらについて語ってみたいと思います。 徴用工問題…