澎湖島 第2日目

着いた日の晩は、終日移動+それまでの寝不足で、倒れるように横になり、時差もほとんどないのに、10時間、起き上がれませんでした。 翌朝は、花火のような爆発音が続き、普段ならうるさくてすぐに目が覚めてしまいそうなほどの音が暫く続いていたものの、休養モードが引き続き優勢で、起きたのは、昼近く。 日中も、ゲスト…