世にも珍奇な、英語標識 その5

こんばんは。エリアルです。 自分がウケた、首を360°近くひねった、目が点になった、奇想天外な英語標識について、備忘録がてら、書き始めたこのシリーズ。 一人受けの域を出ないだろう、と思いつつ、どうしても書かずにはいられなかったので、書き始めたこのシリーズ。 ところが、またまた、ブログの読者から、ネタを…