ステレオタイプという罠

企業がプロモーションやマーケティングを行う場合、年齢、性別、職業、収入、居住地、家族構成などなど、様々な属性で区切って消費者のペルソナを設定します。 その上で、商品企画におけるマーケティングリサーチであれば、ペルソナに合致する人に対して各種調査を行うでしょうし、広告を作るのであれば、ペルソナが共感す…