近代社会を精いっぱい生きた、「近代人」の典型 ベンジャミン・フランクリン

ベンジャミン・フランクリン(1706~1790 アメリカ)は、ワシントン、ジェファーソンと並ぶアメリカ独立の功労者で、電気学などの科学研究や、さまざまな社会事業で活躍した。哲学や社会科学の分野でも業績がある。アメリカでは最もおなじみの偉人の1人である。「時は金なり」ということわざは、kフランクリンの作だとされ…