クリエイターは性格がクズでも、作品が面白ければ許される。

しばし、ネットで叩かれ、ツイートが炎上することも多いアニメーション映画監督・山本寛氏がこのようなことを書いています。 この件に関しては、私もその通りだと思います。 作家がどんなにクズでも、薬物やってようとも、前科者でも、精神病んでても、ツイッターで暴言吐きまくろうとも、作品さえ面白ければそれでいいと…