【脳活性】芸術療法(アートセラピー)の認知症への影響は!?

芸術療法(アートセラピー)とは? 芸術療法とは、絵や粘土細工などの表現方法を利用し、精神状態に働きかけるもので、絵画療法、アートセラピーとも呼ばれています。1942年にイギリスで始まったとされていて、これまでもさまざまな疾患の治療に利用されてきました。そして、近年では認知症の人のリハビリテーションにも使…