【認知症】日本食の摂取状況はリスクのバロメーター!?

個人個人の努力次第で認知症の患者数は35%減らせる 認知症の予防に良いと言われる食材は少なくありませんが、その効果を裏付ける質の高い研究データは限られています。大豆、魚、海藻、緑茶など、日本食に特有の食材が認知症リスクの低下をもたらす可能性を報告した研究もありますが、これらの研究では食事内容に関する調…