【脳】理学療法士が教える!「認知症」を予防する良い習慣・悪い習慣

脳に良い習慣と悪い習慣 積極的な禁煙を! タバコと認知症の発病には大きく関係性があり、脳のMRIを見てみるとやはり隠れ脳梗塞が多い印象を受けます。そのため、脳の機能が低下し、物忘れの自覚を訴えるのです。また、タバコは、他人への迷惑にもなります。自分だけならまだしも、他人の煙を吸ってしまう受動喫煙も認知症…