もう一人の僕

もう一人の僕 1人の人間には、少なくとも2人の人間が宿っている。 これは精子や卵子やの話でなく、精神の話。 1人目は普段僕らが考えている「自分」。 あれをやろうとか、これがやりたいとか、 行動に移す一歩手前のことは「自分」が大体やっている。 ほら、あの子が好きだから、どうやって近づこうとか、何を話そうとか …