Linuxでよくお世話になるスペシャルファイルに関するメモ

開発やテストの際などによくお世話になるLinuxのスペシャルファイル(の中の疑似デバイス)に関するメモです /dev/null 書かれたデータは捨てられる。 null スペシャルファイルを読むと常に end of file が返される。 /dev/zero 書かれたデータは捨てられる。 常に \0 文字(null 文字)が返される 例えば、以下を実行すると…