表現の世界はもっともっと自由なのだ―徳川夢声『37年型浦島太郎』―

表現の世界は、私が思っているよりも、ずっとずっと自由らしい。 体言止めはよろしくない、文章に重厚感がない、これを小説とは呼べない。 ないないない、の、ないもの尽くし。 誰に言われたワケでもないクセに、肩にも脳にも力が入り、つい、硬くて真面目でしゃちほこばった文章になってしまう。困った困った。 しかし、…