Repriseのエリントン - 公爵備忘録−ジャズレコード収集の道

Repriseのエリントンはずっと悩ましかった。理解できない。作品を鑑賞するというスタンスで聴いていたら、たぶん永遠にわからないような気がする。ジャズ評論では「エリントンの創作力が落ちた時期」と解釈されている。 Repriseの前に所属した...