叔父が亡くなった話と写真展の告知。 - 幡野広志のブログ

訃報というのはいつも突然だ。 叔父が亡くなった、僕の父の兄で石材店の二代目だ。 80歳を過ぎていたのにもかかわらず、病気知らずの健康体だったので本当に驚いた。 昼食に好きな蕎麦を食べたあと、コタツで昼寝をしていたそうだ。 そしてそのまま眠り...