「ラッシュライフ」 2002

時々ページから目を離して頭の中で内容を整理して、そしてページに戻るという動作を繰り返しながら読んだ。様々な人物の話が時間を交差しながら進む。登場する人物達の会話が軽妙で楽しかった。 特に好きだったのは神様は「蚊」のようなもののはずだっていう話。確かにそう。自分を気に入ってくれた人にしかキスしないのは…