「坂の上の雲」 1969

著者 司馬遼太郎 この小説を読んで一番イメージが変わったのは乃木希典。日露戦争の英雄としてではなく戦争の下手な指揮官として描かれている。人格的には出来た人だったようだが。攻めあぐね多数の戦死者を出していた旅順攻撃が満州軍参謀の児玉源太郎の指揮であっさりと陥落できたり。 ビジネスマンの必読書と言われる事…