「陰日向に咲く」 2008

監督 平川雄一朗 岡田准一を軸に9人の人生が時に交錯しながら描かれる。そつなくまとめたとも言えるけど、ちょっと詰め込みすぎた感も否めない。 それぞれの物語が描き切れていないので、どれも観ている側にとっては消化不良。伊藤淳史と宮崎あおいのくだりはきっと宮崎あおいが漫才をやってるからって多めにしたんだろう…