「オン・ザ・ロード」 1957

感想 遠くから見ていたい人、というのがいる。近くで関わってしまうと面倒なことに巻き込まれそうで、だけどそいつが次に何をやらかすかは興味がある。だから遠くで、少し離れて観察していたい、そんな人間。 この本の中では、主人公がそんな人間に自ら巻き込まれて、アメリカを何度も横断する。 日本人的な感覚なのかもし…