「乳と卵」 2008

関西弁で一文が長いこの文体はどうしても町田康を思い浮かべてしまうのだけども、もちろん受ける印象は違う。町田康はどこか自分で自分を笑うような独り相撲の感があるが、川上未映子はどこか自分に対しても冷めてるような印象を受ける。こういう頭の中をめぐる思考を文章化したような、長い文章はくせになって読んでいる…