「カポーティ」 2005

★★★☆☆ この映画は、とにかくフィリップ・シーモア・ホフマンの演技に尽きる気がする。実際、カポーティがどんな人だったかは知らないが、こんな人だったんだろうな、と思わせる説得力がある。 いかにも変人で、パーティーでは妙に饒舌で皆の注目を浴び、だけど一人になれば深く考え込むような素振り。ストーリーがどうこう…