「通天閣」 2006

★★★☆☆ 通天閣。行ったことがあるのかないのか記憶は定かではないが、イメージとしてはこの本の感じ。通天閣というか通天閣を代表とする大阪のイメージ。いろんな人間が出てくるが、「通天閣」というキーワードがそこにあると妙に納得できるような。 共に接点のない男と女の希望のない生活が交互に描写される。男は一人で生…