「小銭をかぞえる」 2008

★★★★☆ 著者 bookcites.hatenadiary.com なんだろうなぁこの面白さ。日常言いたくても言えないような事をこの小説の主人公は言ってくれるからだろうか。そして、でもそれを言ったら面倒くさい事になるなって思っていることがやっぱり起こるからだろうか。その後後悔するんだろうなって思ってるとそのとおり後悔してるからか…